離婚後の財産分与で貰える金額については、その世帯の共有財産の金額等によって違ってきますから、一概にいくらといえるものではありません。基本としては、共有財産を半分に割って、夫と妻がそれぞれ半分ずつ貰うのが財産分与(あくまでも夫婦共同で築いた財産を分けることになります)です。共有財産には家財道具なんかも含まれますから、本当に正確に行おうと思えばそれらを全て金額に換算して等分することになりますが、大体の場合はそれ程細かい分与はしないでしょう。一般的には、そのままその家で暮らし続ける人が家財道具の殆どを引き継ぎ、出ていく人は新しいものを用意することになりますね。また、夫と妻で一台ずつ車を所有行っていたケースも、それぞれの査定価格には違いがあっても、お互いに貴方の車を一台ずつ引き取る形でOKにしてしまったりするのが一般的です。そして、本来であれね夫の預金に限らず妻の預金も共有財産として分配されるべきとは言え、殆どの場合は妻は貴方の預金をそのまま自分のものとしています。それが許されるか許されないかはご主人の考え方や、ご主人がその存在に気がついているか否かによっては違ってきます。一般的には、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)のほうが収入が少なく、離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)後の収入も見込めないことのほうが多い為に、女性に有利に分配されることが多いようです。不動産を所有している場合などは、その査定額の半額を現金で支払うのが本来のやり方です。しかし、現金で用意出来るケースは少ないので、財産分与は離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)調停や裁判に持ち込まれるケースも多いでしょうー